面会交流調停

面会交流の大切さ

面会交流は、子供と離れた親が子供に会う大切な機会です。
日本の法制度では、離婚時に、片方の親のみが親権者と指定されるという取り扱い(単独親権)がされています。これは世界的にも珍しい取り扱いです。
面会交流は、離婚時に子供の親権者とならず、子供と離れた親にとっては、離婚後も引き続き子供ことができる大切な権利です。
一方で、子供にとっても、離婚した後、離れた親と会う大切な権利です。
また、面会交流の大切な側面として、親権を獲得した親が、本当に適切に子供を監護しているのかどうか、もう一方の親が子供との面会を通じて確認できるということがあげられます。
このように、面会交流は、親にとっても、子供にとっても大切な権利ですが、離婚後の事情で、実際に子供を監護している親が、面会交流に積極的にでない場合も多々あります。
中には、例えば暴力的な父親との面会など、面会を拒否するべき事案もあります。 詳しくはこちら >
正当な理由がないのに、面会交流を拒否されて、離れた子どもに会えない、そういう場合に弁護士の出番となるわけでして、弁護士としては、日々、適切に面会交流が実施されるように、尽力しています。

初回の法律相談は
30分1,000円

ご予約フォーム

下記のフォームに入力の上、送信してください。こちらからご連絡差し上げます。

2、3日経っても連絡がない場合は、恐れ入りますが、 050-3188-6226までお電話ください。