弁護士が同席する
離婚調停

弁護士が離婚調停に同席すると何が変わる?

ほとんどの方は、離婚調停に出ることは初めての経験です。わからないことが多く、不安に思うことも多いでしょう。
弁護士に事件を依頼すると、弁護士も調停に同席することができます。
離婚調停では、調停委員に対して、あなたの考えや事情を説明しなければなりません。
しかし、これがうまくいかないと、あなたが思っていなかった方向に話が進んで行ってしまうこともあります。
私は、まだ離婚する決心がついていないのに、どんどん離婚する方向で話が進んで行ってしまう。
もう、どうしても夫婦としてやっていくことは無理なのに、調停委員はそれを分かってくれない。
このような場合に、弁護士が同席していれば、調停の流れをもとに戻すことも可能です。
弁護士がその場にいれば、調停委員も当然、弁護士の意見を尊重します。
弁護士が離婚調停に同席する意義は大きいといえます。

調停期日呼出状が来ても慌てないで下さい。

二人の話し合いで、離婚がうまくまとまらなかった場合、離婚調停を申し立てられることがあります。
例えば、夫が離婚調停の申立をすると、妻に家庭裁判所から、調停期日呼出状が送られてきます。
調停期日呼出状で指定された日には、原則として裁判所に行かなければなりません。
調停期日呼出状が来たということは、これから離婚調停が始まるということですので、あなたも充分に準備して出席する必要があります。

INDEX

  1. 弁護士が離婚調停に同席すると何が変わる?
  2. 離婚調停を甘くみてはいけません。

初回の法律相談は1時間無料

ご予約フォーム

下記のフォームに入力の上、送信してください。こちらからご連絡差し上げます。

2、3日経っても連絡がない場合は、恐れ入りますが、 050-3188-6226までお電話ください。