財産分与と住宅ローン

財産分与と住宅ローン

財産分与でもめるのは、住宅ローンが残っている場合です。

離婚の財産分与をする場合の問題点は様々ありますが、特に、結婚している時に自宅を新築して、まだ住宅ローンが残っている場合(ほとんどの場合はそうですが)には、借入先の銀行も関わってくるため、交渉が複雑になります。
自宅を処分することになったとして、銀行からみれば、住宅ローン返済の途中で自宅を処分することと変わらないので、銀行はそのための手続を要求してきます。
そうすると、住宅ローンの清算が必要となり、相手方と交渉する必要が出てきます。金額が大きいだけに、当事者だけの話し合いではなかなかうまくいきません。
多くは、離婚調停や離婚訴訟の場での解決が必要になります。

初回の法律相談は
30分1,000円

ご予約フォーム

下記のフォームに入力の上、送信してください。こちらからご連絡差し上げます。

2、3日経っても連絡がない場合は、恐れ入りますが、 050-3188-6226までお電話ください。