財産分与と住宅ローン

夫婦2人がローン名義人の場合

例えば、夫婦2人が住宅ローンの名義人になっている場合には、銀行が、どちらかが(多くは夫)住宅ローンの借り替えをするように要求してきます。
住宅の評価額がローン残高を上回る場合(すなわちプラスの場合)には、夫がローン残債務を全額引き受けて借り替えをすることで妻への財産分与として、そのまま夫が自宅に住み続けるということがあります。しかしこの場合でも、夫が借り替えをするためには、一度ローンを精算するように銀行が要求してくることがほとんどです。
また、住宅の評価額がローン残高を下回る場合(オーバーローンの場合)には、銀行はほとんどの場合は夫への借り替えを認めません。
夫の年収が高い場合は、例外的に夫一人への借り替えを認めることもありますが、この場合は、オーバーローンの部分を夫が一人で引き受けることになりますから、実際にはそのようなことを引き受ける夫はいないでしょう。
ここでも、相手方との交渉が必要になってきます。交渉では話がつかない場合は、離婚調停や離婚訴訟で解決せざるを得ないことになります。

初回の法律相談は
30分1,000円

ご予約フォーム

下記のフォームに入力の上、送信してください。こちらからご連絡差し上げます。

2、3日経っても連絡がない場合は、恐れ入りますが、 050-3188-6226までお電話ください。