財産分与と住宅ローン

親が保証人になっている場合

夫婦ふたりのどちらかの親が住宅ローンの連帯保証人になっていたり、頭金を負担していたり、または、敷地が親のもので、その上の建物が夫のものということもあります。
これらの場合は、親も利害関係が大きいので、話し合いに参加することになりますし、感情的なもつれも大きくなりがちで、単に協議だけで解決することは、格段に難しくなります。
離婚調停や離婚訴訟でないと決着が着かないことが多いと言えます。

片山ひでのり法律事務所では、初回法律相談は30分1,000円です。お電話での相談もやっております。お気軽にご相談ください。

初回の法律相談は
30分1,000円

ご予約フォーム

下記のフォームに入力の上、送信してください。こちらからご連絡差し上げます。

2、3日経っても連絡がない場合は、恐れ入りますが、 050-3188-6226までお電話ください。