静岡駅から徒歩2分。初回の法律相談は無料です。ご予約はこちら。

片山ひでのり法律事務所

残業代請求のために必要な証拠

残業代を請求するには、労働時間に関する証拠が必要です。

労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間のことをいいます。

労働時間に当たるかどうかは、実労働時間で算定され、契約等の定めによって決まるものではありません。

労働時間に当たるといえるためには、客観的な証拠が必要とされます。

客観的な証拠とは、例えば以下のようなものです。

このような証拠を揃えることが、有利に戦うためには必要となります。証拠の確保のついては、初回無料の法律相談で弁護士に直接ご相談下さい。

  •  タイムカード,IDカード,上司の承認印など
  • パソコンのログ,メールのタイムスタンプ
  • 自動車運行記録(タコメーター)
  • 携帯電話の通話記録・携帯電話のメールの送受信記録
  • 警備会社の警備記録
  • 出退館簿(退館者のサインがあるものが有効)
  • 業務日報
  • 営業記録
  •  報告書
  • 同僚の記憶(陳述書・証言)
  • 同僚が保有していた同僚の労働時間に関する資料
  • 労働者自身の、または家族の手帳の記録,メモ
  • 家族の記憶(陳述書・証言)
  •  営業時間
  •  会議の時間(会議の参加が確認でき、会議の時間が特定できる場合)

片山ひでのり法律事務所では、初回の法律相談は1時間無料です。

お気軽にご相談ください。

ご相談にいらしたお客様の声はこちら>

ご予約は 054-202-4520 で承ります。

片山ひでのり法律事務所:弁護士 片山栄範

〒422-8067 静岡市駿河区南町13-3 TKビル4階 Tel:054-202-4520/Fax:050-3488-7295

片山ひでのり法律事務所では、

公益財団法人プラン・ジャパンのBecause I am a Girlキャンペーンを支援しています。

片山ひでのり法律事務所

ご予約はで承ります。

片山ひでのり法律事務所では

初回の法律相談は1時間無料です。

お気軽にご相談ください。

ご予約は 054-202-4520

片山ひでのり法律事務所

弁護士 片山栄範

〒422-8067

静岡市駿河区南町13-3TKビル4階

Tel:054-202-4520

Fax:050-3488-7295