静岡駅から徒歩2分。初回の法律相談は無料です。ご予約はこちら。

片山ひでのり法律事務所

すっきりと熟年離婚するには?

熟年離婚の財産分与では、事前準備がポイントです。

熟年離婚

熟年離婚特有の問題とは?

長年結婚していたご夫婦が離婚をする場合には、若いご夫婦の離婚とは違った問題があります。結婚している間に夫婦二人で築いた財産がある場合が多いからです。

そのため、財産分与(二人で築いた財産を離婚のときに分けること)が問題になります。

また、熟年離婚では、多くの場合年金分割も問題になります。

このように塾年離婚では、金銭がからむことも多いため、焦らずに、冷静に判断して準備することが必要です。

すっきりと熟年離婚するには?~熟年離婚の財産分与では、事前準備がポイント~

財産分与の事前準備としては、まずは、夫婦二人で作った財産(共有財産といいます。)をピックアップしなければなりません。

あなたが夫婦の財産を完全に把握していれば問題ないのですが、実際にはこの作業が難しいことが多いのです。

相手方の把握している財産が調べることが難しいのであれば、離婚調停や離婚訴訟中でしたら、家庭裁判所に調査嘱託してもらうこともできます。

相手方の通帳、金融機関からの通知書、控除証明書などにも注意しておいてください。

どんな財産が、熟年離婚の財産分与の対象になるの?

共有財産の全体が確定した後は、それを二人で分けるということになります。

基本的には半分づつです。

対象となる財産は、家財道具、不動産、自動車、預貯金、有価証券、退職金などです。

また、特有財産は財産分与の対象とはなりません。

特有財産とは、

  •  片方が結婚前から所有していた財産
  • 結婚後に得た財産であっても、相手方とは無関係に得た財産

のことを言います。

例えば、夫が結婚前から持っていた不動産や、夫が相続で取得した不動産は財産分与の対象とはなりません。

問題になりやすいのは、預貯金です。

結婚前からの預貯金であることを相手に主張するには、結婚当時の財産状況が分かるものを用意しておいたり、銀行に過去の取引明細を請求しておくとよいでしょう。

また、あなたが相続した財産の場合は遺産分割協議書、贈与を受けた財産であれば、贈与税の申告書や振り込み明細などを用意しておくことが有効です。

熟年離婚で不動産を財産分与する手順は?

まずは、財産分与の対象となる不動産の価値を把握する必要があります。

正確な評価額を知りたい場合は、費用がかかりますが、不動産鑑定士に依頼するという方法があります。

費用をかけたくない場合は、路線価、公示価格などを基準とするとよいでしょう。

熟年離婚の財産分与に必要な書類は?何を決めたらいいの?注意点は?

どのように財産分与をするかについて二人で話し合って決めた後は、必ず離婚協議書などの文書にしておきます。

  • 支払金額
  • 支払方法
  • 支払期間

について明確に決めておきましょう。

文書にしただけでは、相手方が約束通り支払ってくれなかった場合に強制執行力がありません。強制執行認諾約款付きの公正証書にしておきましょう。

また、熟年離婚の財産分与では金銭面でシビアにならざるを得ません。

  • 支払方法はなるべく一括払いにする
  • 分割払いにする場合は、初回の支払額をなるべく多くする

ことがおすすめです。

熟年離婚の財産分与で取り決めたのに、夫が約束を破ったら?

離婚協議書を強制執行認諾約款付きの公正証書にしてあれば、強制執行をすることが可能です。

例えば、義務者である夫が支払合わなかった場合、妻は、夫の給料債権を差し押さえることもできます。夫の財産を差し押さえることもできます。

預金債権の差し押さえ

相手に預金があるとわかっている場合は、預金債権の差し押さえが一番効果的です。

ただし、預金がある銀行と支店が分かっていることが必要です。

不動産の強制競売

相手に不動産がある場合は、不動産強制競売を申し立てます。相手の住所地を管轄する裁判所に申し立てます。

給料債権の差し押さえ

給料債権を差し押さえる場合は、相手方の勤務先とその住所がわかっていることが必要です。

熟年離婚で、退職金も財産分与の対象になるってほんと?

離婚した時点ですでに支払われている退職金は財産分与の対象になる?

財産分与の対象となります。

ただ、財産分与は夫婦二人で築いたといえる財産が対象となりますので、実質的に結婚していたといえる期間(同居期間)に対応する額に限られます。

将来支払われる予定の退職金は財産分与の対象になる?

熟年離婚の場合は、将来支払われる予定の退職金も問題となることが多いですが、裁判例はさまざまです。

将来支払われることが確実である退職金の場合は、財産分与の対象として認める傾向が強くなっています。

将来支払われることが確実であることを証明するためには、相手方の退職金規定や退職金の計算書などがあるとよいでしょう。

熟年離婚で財産分与したいけど、自宅にローンが残っている。。。。どうなるの?

あなたが保証人になっている場合は、まず、保証人を降りることについて金融機関と交渉しなければなりません。

この場合は、同程度の信用力を持った保証人を立てるよう言われたり、保証協会を利用するよう言われたり、一部前倒しで入金するよう言われたりすることもあります。

自宅を売るのか、どちらかが住むのか、ローンの支払についての割合はどうするかなどについて夫婦で協議しなければなりません。

熟年離婚と年金分割

離婚時年金分割制度とは?

離婚時年金分割制度とは、離婚時に、夫の厚生年金あるいは共済年金の給付算定根拠となっている保険料納付実績を分割する制度です。

あなたが第3号被保険者(※)であった期間に応じて、以下の2種類があります。ほとんどの場合は、合意分割が問題になります。

  • 平成20年4月以後の第3号被保険者期間 3号分割
  • 平成20年3月以前の第3号被保険者期間   合意分割

※第3号被保険者とは、第2号被保険者に扶養されている配偶者であって、20歳以上60歳未満の者をいいます。

3号分割とは?

夫(第2号被保険者)の保険料納付実績の50%を自動的に分割できる制度です。

合意分割とは違い、夫との話し合いも、合意も必要ありません。

ただし、年金の請求手続きをしなければ受給できない点に、注意が必要です。

合意分割とは?

夫との話し合いで合意ができた場合に、話し合いで決めた割合にしたがって保険料納付実績を、分割することができる制度です。

この場合、最大で50%まで、分割が認められます。

もし、分割割合が話し合いで決まらない場合は、裁判所に申し立てをして、裁判所の出す決定で分割割合を決めることもできます。

分割割合が決まったら、公正証書を作成しておきます。年金の請求手続きをする際に必要となります。

合意分割の場合も、請求をしなければ年金は支給されませんので注意が必要です。

離婚TOPに戻る >

片山ひでのり法律事務所では、初回の法律相談は1時間無料です。

お気軽にご相談ください。

ご相談にいらしたお客様の声はこちら>

ご予約は 054-202-4520 で承ります。

片山ひでのり法律事務所:弁護士 片山栄範

〒422-8067 静岡市駿河区南町13-3 TKビル4階 Tel:054-202-4520/Fax:050-3488-7295

片山ひでのり法律事務所では、

公益財団法人プラン・ジャパンのBecause I am a Girlキャンペーンを支援しています。

片山ひでのり法律事務所

ご予約はで承ります。

片山ひでのり法律事務所では

初回の法律相談は1時間無料です。

お気軽にご相談ください。

ご予約は 054-202-4520

すっきりと熟年離婚するには?

熟年離婚の財産分与では

事前準備がポイントです。

片山ひでのり法律事務所

弁護士 片山栄範

〒422-8067

静岡市駿河区南町13-3TKビル4階

Tel:054-202-4520

Fax:050-3488-7295