初回無料法律相談のご予約は050-3188-6226まで

残業代を請求するには、労働時間に関する証拠が必要です。労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間のことをいいます。労働時間に当たるかどうかは、実労働時間で算定され、契約等の定めによって決まるものではありません。労働時間に当たるといえるためには、客観的な証拠が必要とされます。客観的な証拠とは、例えば以下のようなものです。

このような証拠を揃えることが、有利に戦うためには必要となります。証拠の確保のついては、初回無料の法律相談で弁護士に直接ご相談下さい。

片山ひでのり法律事務所では、初回の法律相談は1時間無料です。

お気軽にお問い合わせください。

無料法律相談について詳しく