初回無料法律相談のご予約は050-3188-6226まで

時間外労働の割増賃金は、以下のようになります。

割増賃金の発生する労働

割増率 時間外労働 25%以上 • 休日労働 35%以上 深夜労働 25%以上 •深夜・時間外労働 50%以上(25%+25%) 深夜・休日労働 60%以上(35%+25%) 時間外労働が1か月60時間を超える場合、超えた部分についての割増率は50%以上になる(ただし、当分の間、中小事業主の事業については適用しない(改正後の労基法138条))。 割増賃金の計算の基礎となる賃金からは、以下のようなものは除外される。 家族手当 通勤手当 別居手当 子女教育手当 住宅手当 臨時賃金 1か月を超える期間ごとに支払われる賃金 『日弁連特別研修会 労働者による残業代請求と使用者側の対応』を参考にしました。

片山ひでのり法律事務所では、初回の法律相談は1時間無料です。

お気軽にお問い合わせください。

無料法律相談について詳しく