静岡駅から徒歩2分。初回の法律相談は無料です。ご予約はこちら。

片山ひでのり法律事務所

住宅資金特別条項が利用できれば

自宅を手放さずに、民事再生手続を進めることが可能です。

住宅資金特別条項

生活の基盤である住宅を確保するための制度です。

住宅資金特別条項とは、住宅ローン債権を、他の債権とは区別して、再生計画の中で別枠とするための特別条項です。

この特別条項が入ると、住宅ローンは全額弁済することになりますが、その一方で、以下のような特別の扱いが認められることになります。

  • いったん失った期限の利益の回復(ただし、原則として再生計画上の弁済期間内であり、最長でも10年。)
  • 保証会社の代位弁済後の住宅ローンの復活
  • 弁済の態様の変更(弁済期や、分割弁済額などを変更できます。)

住宅資金特別条項をおくためには、一定の要件が必要です。そのため、住宅ローン債権であっても、住宅資金特別条項を定められない場合があります。詳しくは、法律相談の際に、弁護士に直接お問い合わせください。

片山ひでのり法律事務所では、初回の法律相談は1時間無料です。

お気軽にご相談ください。

ご相談にいらしたお客様の声はこちら>

ご予約は 054-202-4520 で承ります。

片山ひでのり法律事務所:弁護士 片山栄範

〒422-8067 静岡市駿河区南町13-3 TKビル4階 Tel:054-202-4520/Fax:050-3488-7295

片山ひでのり法律事務所では、

公益財団法人プラン・ジャパンのBecause I am a Girlキャンペーンを支援しています。

ご予約はで承ります。

住宅資金特別条項が利用できれば

自宅を手放さずに

民事再生手続を進めることが可能です。

片山ひでのり法律事務所では

初回の法律相談は1時間無料です。

お気軽にご相談ください。

ご予約は 054-202-4520

片山ひでのり法律事務所

弁護士 片山栄範

〒422-8067

静岡市駿河区南町13-3TKビル4階

Tel:054-202-4520

Fax:050-3488-7295