弁護士特約
は必ず自動車保険に
つけてください。

弁護士特約とは?

弁護士特約をつけていれば、交通事故の被害者になった場合に、弁護士費用が保険から補償されます。
例えば、損害額が少額な物損事故の場合も、費用倒れになることなく弁護士に依頼できます。

オススメの
弁護士特約の使い方

弁護士片山ひでのりに交通事故で依頼していただきますと、まずは、治療費の請求を、自賠責被害者請求に切り替えます。
これによって、相手方の保険会社から、いちいち治療の状況を聞かれたり、治療を終わらせるように圧力をかけられたりすることはなくなります。
相手方保険会社は、あたかも、自分たちがあなたの治療費を負担しているかのように振る舞いますが、実は、後日、自賠責保険に求償するのです。
相手方保険会社が、あなたの治療費を負担するわけではないのです。
だったら、自分で、あるいは弁護士に依頼して、自賠責保険に直接治療費や慰謝料を請求しましょう。相手方保険会社を通す必要はありません。

被害者請求の
限度額を超えたら?

被害者請求には120万円の枠があります。治療費・薬代・休業損害・通院交通費・慰謝料などを全て含めて120万円が請求の限度額です。
では、120万円の自賠責の限度額を超えても、まだ痛みが取れない場合はどうなるのでしょうか?
自賠責の限度額を超える分の治療費は、被害者(依頼者)に健康保険を使って立て替えていただくことになります。

慰謝料を立て替え治療費に当てることができます。

当事務所では、被害者請求をする際に、治療費と同時に慰謝料も請求します。
慰謝料は、原則として,1日につき4,200円×通院実日数の金額が支払われます。
これを、自賠責の限度額を超えた場合の治療費の立て替えに充ててもらうことができます。
依頼者が立て替えた治療費は、後日、弁護士が相手方保険会社に請求します。
交渉でダメな場合には、訴訟を提起し、相手方保険会社には、正当な金額を払ってもらいます。

初回の法律相談は
30分1,000円

弁護士特約を使う場合は
保険会社に
法律相談料をLAC基準で請求いたします。

ご予約フォーム

下記のフォームに入力の上、送信してください。こちらからご連絡差し上げます。

2、3日経っても連絡がない場合は、恐れ入りますが、 050-3188-6226までお電話ください。

電話で予約