交通事故直後に
やるべきことは?

交通事故にあってしまった場合には、少なくとも下記のことを、事故現場で確認しましょう。

  1. 以下のものを確認して、事故の相手がどこの誰なのか確認する。
    • 相手方の免許証
    • 自賠責保険証明書
    • 車検証
  2. 人身事故として警察に通報する。

    「示談で終わらせましょう。」と一見有利な条件を提示されたとしても、断るべきです。
    警察に通報しないと、事故証明書も発行されず、保険金が支払われないということにもなりかねません。
    
また、たとえ加害者から「物損事故で処理して欲しい」と頼まれたとしても、人身事故として警察に通報するべきです。

  3. 病院に行って診断を受ける。

    ケガをしていたり、痛みがあるする場合には、必ず病院に行って下さい。
    そして、なるべく直ぐに病院で診断を受けるようにしてください。
    診断を受ける日が遅れれば遅れるほど、事故との因果関係の認定が難しくなります。

初回の法律相談は
30分1,000円

弁護士特約を使う場合は
保険会社に
法律相談料をLAC基準で請求いたします。

ご予約フォーム

下記のフォームに入力の上、送信してください。こちらからご連絡差し上げます。

2、3日経っても連絡がない場合は、恐れ入りますが、 050-3188-6226までお電話ください。

電話で予約