Responsive image


交通事故の
自賠責被害者請求
はお任せください。

自賠責被害者請求
(直接請求)

保険会社から、そろそろ治療を終わらせるように言われていませんか?
自賠責被害者請求をすれば、 保険会社から圧力をかけられることはなくなります。

自賠責被害者請求とは?

被害者請求とは、交通事故の被害者が、加害者の自賠責保険の保険会社に、直接、保険金を請求することです。

自賠責被害者請求に対しては
支払うことが
法律で義務付けられています。

自賠責被害者請求に対しては、自賠責保険会社に支払い義務が、法律上課されています。
そのため、治療費などは領収書などを提出して請求すれば、支払われます。相手方の保険会社に対して交渉する必要もありません。

保険金は、直接被害者の口座に振り込まれます。
病院の治療費も、直接、病院の口座に振り込まれますので、相手方の保険会社を通す必要はなくなります。

そのため、相手方の保険会社が、あなたに治療を終わらせるように言ってきたり、通院先の病院に圧力をかけてきたりすることはなくなります。

自賠責被害者請求
をすると何が変わる?

交通事故の治療費は、通常は、相手方の保険会社が病院に支払います。
そのため、保険会社は、あなたにたびたび治療の状況を聞いてきたり、治療を終わらせるように圧力をかけてきたりします。
それは、保険会社はなるべく治療費を払いたくないからです。
実のところ、相手方保険会社は、あなたの治療費を負担しているわけではありません。立て替えているだけです。
相手方保険会社は、あなたの治療費を、自賠責保険会社に後日請求するのです。そのため、自賠責の限度額を超えると、あなたに治療をそろそろやめるように迫ってくるのです。

相手方保険会社を通さずに、自分で(あるいは弁護士に依頼して)自賠責被害者請求をすれば、自賠責保険から直接、病院の口座に治療費を振り込んでもらうことができます。
保険会社を通して治療費を払う必要がなくなるので、保険会社は、治療を終わらせるように圧力をかけてくることができなくなります。

弁護士特約で
弁護士に任せるのが
お勧め

直接請求するためには、加害者が加入している自賠責保険会社と、その自賠責保険証明書番号を確認する必要があります。
そのためには、まず、交通事故証明書を取り寄せる必要があります。
そして、相手の自賠責保険に書類一式を提出しなければなりません。
実際には、ご自分で被害者請求をするのは大変手間がかかりますので、弁護士特約をつけている方は、弁護士に全てを任せてしまうことがお勧めです。

初回の法律相談は
30分1,000円

弁護士特約を使う場合は
保険会社に
法律相談料をLAC基準で請求いたします。

ご予約フォーム

下記のフォームに入力の上、送信してください。こちらからご連絡差し上げます。

2、3日経っても連絡がない場合は、恐れ入りますが、 050-3188-6226までお電話ください。

電話で予約