初回法律相談のご予約は050-3188-6226まで

* 交通事故の業務実績は、ただいま更新中です。

No.009

相手方の過失割合8割で早期解決ができた事案

早朝、信号が青であることを確認して、自動車を運転して、幹線道路を横切ったところ、信号無視したと思われる原付バイクが助手席横に衝突してきた。依頼者に怪我はなかったが、自動車は全損になってしまった。相手は、大怪我をして入院した。

交渉で、相手が、自分も青信号で交差点に進入したと主張したため、過失割合が問題となり受任した。

警察の資料である現場検証図を検察庁から取り寄せ検討したが、依頼者側が青信号で、相手側が赤信号である旨の明確な記載はなかった。そのため、近隣の防犯カメラ等の映像の有無も含めて、目撃情報の問い合わせを警察に行ったが、事故が早朝であったこともあり、結局、目ぼしい資料はなかった。

裁判になった場合には解決までに長期間かかることを考慮し、依頼者に詳細に状況を説明した上、依頼者からは、早期に解決できるならば譲歩もやむを得ないとの回答を得た。これを踏まえて相手方と交渉して、依頼者が2割、相手が8割の過失割合で和解して、早期の解決を図った。

また、最終的に、依頼者が車両保険も掛けていたことから、保険を使用することと、自分で払う場合を考慮して、どちらがどの程度の負担であるかを保険会社に確認した上、車両保険を使用することとして、早期和解をすることとなった。

片山ひでのり法律事務所では
初回の法律相談は
30分1,000円(税込)です。

お気軽にお問い合わせください。

法律相談について詳しく